乳酸菌の働きと1日の必要量

MENU

乳酸菌の働きと1日の必要量

乳酸菌の働きと1日の必要量

乳酸菌というと、ヨーグルトや発酵食品にはいっていることはよく知られており、有名な効果としては整腸効果があげられます。過剰に摂取することで特別に健康被害があるわけではなく、副作用も報告されていないので子どもから年寄りまで安心して摂取することができます。

 

しかし、過剰摂取することで下痢や腹痛を引き起こす可能性があるので一度に大量に摂取することは避けたほうがよいです。また、種類は様々なものがあり、自然界のあらゆるところに存在しています。

 

食べ物として摂取された場合、体内を通過する時に胃酸や胆汁のバリア機能によって効果がなくなってしまうことがほとんどです。しかし、最近では生きたまま腸に届くものがたくさん出てきており、それは胃酸や胆汁のバリア機能に負けることなく生きたまま腸まで届くので様々な効果を発揮してくれます。

 

食品を摂取する時に、栄養素を一度摂取したからとすぐに効果が出るものではなく、続けることで効果がでるものなので、過剰に摂取しても副作用はありませんが、大きな意味はありません。その為、根気よく摂取し続けることが必要となります。

 

腸内細菌と細菌バランス

 

腸内の細菌は大きく分けると3種類に分けることができ、悪玉菌が約10%、善玉菌が約20%、日和見菌が約70%です。日和見菌は条件によって善玉菌にも悪玉菌にもなることができるもので、善玉菌優位にすることで日和見菌を味方につけて、腸内環境を良い状態にすることができます。

 

悪玉菌が増えると腸内をアルカリ性にして、発がん性物質を生成して腸の動きも悪くなるため、腸内を腐敗させてしまいます。乳酸菌は腸内に生きたまま届くと、腸内を弱酸性に保ちます。そして、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす効果があります。

 

腸内に存在できる腸内菌の量は決まっているので、善玉菌が増えると自然と悪玉菌が減るという仕組みになっています。善玉菌が増えると腸内環境が良くなり、お通じがよくなり便秘の改善にもつながります。

 

便秘が改善されると、むくみなども改善されて腸内環境が良くなることで体内の老廃物がスムーズに排出されるので、肌荒れが良くなったり代謝が上がることで冷え性も改善されていきます。また、免疫機能を高めてくれる作用もあるので、生活習慣病の予防や病気の予防、さらにはガンの予防も期待できます。

 

過剰摂取しても特別な副作用はありませんが、推奨摂取量を守って摂取することが望ましいです。まず、死菌と生菌で推奨摂取量が異なってきます。

 

死菌は加熱処理しているので乾燥菌体になっていて保存がききます。また、胃酸や胆汁の影響を受けることなく腸内にたどり着いて免疫力を向上させる効果があります。生菌にくらべて保存性や安全性が高いとされています。

 

また、大量に腸内にたどり着いても他の菌のバランスを崩すということはなく、便利に活用できます。推奨摂取量は1日に約1兆個摂取すると効果を期待できると言われています。生菌よりも期待できる効果は低いので摂取量は多めになります。

 

一方生菌は、腸内に有用な菌の存在が少ない場合に摂取することで、有効な効果を発揮してくれます。悪玉菌が増殖できる環境を減らして影響を奪うために善玉菌を増やすことがでて腸内環境を良い状態に保ちます

 

乳酸菌の一日の必要量

 

1日の必要量は5000億から1兆個と言われています。しかし、摂取する食品や含有されている菌体にもよって違ってくるため一概には言えません。しかしヨーグルトであれば、約200gから300gの摂取が目安となります。

 

乳酸菌はすぐに効果がでるものではなく、また摂取し続けなければ腸内環境がまた悪い状態に戻ってしまう可能性があります。腸内に住む細菌の種類、数は人によって違っていて、合う菌も違ってきます。

 

そのため、摂取しはじめたら最低でも2〜3週間は継続して同じものを摂取して様子を見ることが必要です。ある程度、同じ食品を継続して摂取したのに効果があらわれなかったりその人に合わなければ、他の食品に切り替えることも必要です。人によって腸の中に存在する菌と合わない菌は違ってきます。

 

他の人によく効果があらわれた食品でも自分には全く効果がなかった、ということはあります。そのため、同じ食品を2、3日摂取して、違う食品に変えてしまっては、どの食品が自分に効果があったのかわからなくなってしまいます。その為、継続して同じ食品を摂取して様子をみるようにします。大切なのは、自分にあった食品を見つけることです。

 

腸内環境が悪ければ、排出できない便の腐敗が進み腸の機能が低下、そうなると悪玉菌が増えて毒素が体内に吸収されて様々な体調不良を引き起こして肌荒れや免疫力の低下、風邪をひきやすくなったりします。

 

私たちの健康を守るために、腸内環境を整えることは非常に重要であり、生活習慣病の予防や消化、吸収力の向上、ガンなどの発生率を抑えて代謝をよくすることでお肌の機能や調子がよくなるなど、嬉しい効果がたくさんあります。

 


関連ページ

乳酸菌が多く含まれる食べ物とオススメのレシピ
乳酸菌はそれを含む食べ物を意識して摂ることで、腸内環境を改善することが可能になるといわれています。ここでは、乳酸菌が多く含まれる食べ物とオススメのレシピを紹介しています。
乳酸菌の種類を知っておこう
乳酸菌とひとくちに言っても、実はいろいろな種類があるって知っていましたか?ここでは、いろいろな乳酸期の種類とその働きについてわかりやすく解説しています。
悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やしましょう!
腸内環境は、腸内細菌バランスによって大きく左右されます。ここでは、腸を健康に保つために悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やすことのメリットなどを解説しています。
生活習慣を改善して腸内環境を整える
腸内環境は、普段の生活習慣で良くもなりますし、悪くもなるものです。ここでは、生活習慣を改善することで、腸内環境を整えていくことのメリットを解説しています。