悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やしましょう!

MENU

悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やしましょう!

悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やしましょう!

私達の身体に中の腸の中には、驚かれる方も多いと思いますが約100兆個もの細菌が住んでいると言われています。その数の多さにも驚き、今いち100兆個ってどのぐらい?と想像が全く付かないのも仕方がない事だと思います。

 

そしてその100兆個の細菌は1種類なのでは無く、約500種類から1000種類程の様々な細菌で構成されているのです。私達の身体の中に住んでいる細菌の種類、いわゆる腸内細菌と呼ばれる細菌が身体の中に住んでいる細菌の大半です。

 

腸内細菌とは

 

腸内細菌は、主に大きく2種類に分ける事が出来ます。それが、「善玉菌」と「悪玉菌」です。名前はよくCMやテレビの健康番組などで聞かれる事もあると思いますが、実際にこの2種類の細菌が私達の身体の中ではそれぞれどの様な役割を果たし、そのバランス(割合)はどのぐらいなのか。

 

又、どちらかが極端に多くてどちらかが極端に少ない、などの事が起きてくると身体の変化が目に見えて起こる様になるのか?など良く分からない事も多いですよね。そこで、2種類の腸内細菌は私達の健康生活にどの様な影響を及ぼすのか。良い点や悪い点などを分かりやすくご紹介させて頂こうと思います。

 

まず、善玉菌についてですが、名前からイメージ出来る事は何か良い影響を及ぼしてくれる細菌な様な気がしますよね。その名前の通り、私達が毎日健康的な生活を送る為・生命を継続して行く為の必要な物質を作り出してくれます。

 

その他にもビタミンやホルモンを作り出してくれたり、脂質の代謝や免疫力の向上及び活性化・感染症などにかかりにくくする防止力・消化吸収・腸を活発にする働きなどがあります。私達が健康的な毎日を過ごす上で大切な役割を果たしてくれている事がこれらの事からも良く分かると思います。

 

ビフィズス菌や乳酸菌と言う名前はかなりポピュラーなので聞いた事が無いと言う方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、そのビフィズス菌や乳酸菌・酵素菌や納豆菌・麹菌もこの腸内で良い働きをしてくれる細菌に該当します。

 

これらの細菌の名前を見ていくと、連想できる食べ物があると思います。

 

善玉菌の含まれる食べ物

 

ビフィズス菌はヨーグルト、納豆菌は納豆、乳酸菌は乳製品や発酵食品などが連想されるでしょう。その通り、ヨーグルトにはビフィズス菌だけでは無く乳酸菌も含まれ、ヨーグルトを日常的に食べる事で整腸作用や免疫力が高まる事でも大変有名な食品の一つです。

 

免疫力が高まると言う事は、風邪やインフルエンザなどの感染症にもかかりにくくなると言う事になりますので、病気に打ち勝つ身体作りの為には欠かせない食品とも言えるでしょう。

 

次に納豆菌は、タンパク質や糖質を分解する事で消化を助けてくれる働きがあります。納豆菌を積極的に摂取する事で、摂取量が少ない方と比較すると、身体の中の乳酸菌の量も約10倍変わってくると言われています。

 

では、次に悪玉菌についてです。

 

悪玉菌の影響

 

その名前からのイメージでは何だかとにかく健康に悪影響を及ぼしそうな雰囲気がありますよね。1個も身体の中に無い方が理想的なのでは。とまで思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。腸内環境を悪化させる事で病気や老化などを引き起こす作用があります。

 

こちらも様々な種類の菌があり、有名な名前では大腸菌やピロリ菌と言った細菌があります。そしてこれらの菌よりも更に悪い働きをする菌ではETBF菌があります。ETBF菌はあまり馴染みが無い名前だと思いますが、大腸がんのリスクを高める事でも有名な細菌です。

 

これらの事を考えてみると、やはり悪い働きをする菌なのであれば、身体の中に一つも無い方が好ましいのでは?と思って来てしまいますが実は良い働きをする善玉菌と悪い働きをする悪玉菌は共に腸内に必要な細菌なのです。

 

それは何故かと言うと、良い働きをする細菌だけだとすると、その効果を発揮する力がどんどん減って来てしまいます。そこで、ライバルである悪い働きをする細菌が同じ腸内に住んでいる事で日々、戦い続け私達の健康に良い影響を与えてくれる効果をフルで発揮してくれる様になると言う事です。

 

この例えを知ると、人間関係にも同じ事が言える様な気がしませんか?気が合う仲間だけでは無く、時々嫌な事ばかり言う人やいつも怒っている人などが居た方が仲間同士の結束力がより強まったり、負けたく無いと心から思えるライバルが居た方が、気が付けば自分の能力が上がっていた・成績や結果が以前より良くなった。と言う経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

腸内菌の話に戻りますが、良い働きを行う細菌と悪い働きを行う細菌は、どちらも確かに必要なのですが、そのバランスは非常に重要です。

 

悪い細菌の割合が多ければ、やはり健康面に悪影響が出て来ますので、健康に良い影響を与えてくれる細菌の割合を増やす為の努力、例えば食生活は勿論の事、充分な睡眠やストレス解消・適度な運動なども私達が明るく健康的な毎日を送る上での大切な要素となって来ます。


関連ページ

乳酸菌の働きと1日の必要量
乳酸菌は腸内でどんな役割を果たしているの?ここでは、腸が正常に働くために乳酸の1日の必要量とその働きについてわかりやすく解説しています。
乳酸菌が多く含まれる食べ物とオススメのレシピ
乳酸菌はそれを含む食べ物を意識して摂ることで、腸内環境を改善することが可能になるといわれています。ここでは、乳酸菌が多く含まれる食べ物とオススメのレシピを紹介しています。
乳酸菌の種類を知っておこう
乳酸菌とひとくちに言っても、実はいろいろな種類があるって知っていましたか?ここでは、いろいろな乳酸期の種類とその働きについてわかりやすく解説しています。
生活習慣を改善して腸内環境を整える
腸内環境は、普段の生活習慣で良くもなりますし、悪くもなるものです。ここでは、生活習慣を改善することで、腸内環境を整えていくことのメリットを解説しています。